マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#歌舞伎

【1月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『難有浅草開景清 岩戸の景清』&国立劇場『南総里見八犬伝 序幕』

※試聴版です。オリジナル版(18:23)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
2

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #20

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者のバニー・ディクソンさんがご担当。実は歌舞伎を演じたご経験があるそうで……? どうぞお楽しみください! *** 文:バニー・ディクソン 日本文化との出会い私が初めて歌舞伎に出会ったのは1968年、13歳の頃でした。私の家族は、父が美浜原発の1号機、2号機の建設に携わっていたため、福井県敦賀市の近くに住んでいました。日本の言語も文化も何も

スキ
1

【期間限定!ゲストトーク】尾上菊之丞×佳山泉 前編

※試聴版です。オリジナル版(34:55)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #19

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は辻󠄀陽史さんがご担当。もとは○○の沼の住人だったようです。歌舞伎にハマったきっかけは何だったのでしょうか?!どうぞお楽しみください! *** 文:辻󠄀陽史 もとは演芸の沼の住人歌舞伎にのめり込む前は、落語好きであった。 「笑いの文化」がある大阪に住む私は、小学生の頃から、あちこちの落語会に通ったり、テレビで放送される落語番組を観たりと、落語漬けの

スキ
2

バーチャル芝居ゆかりの地めぐり ~ 『新版歌祭文』 野崎村 ~

イヤホンガイド解説者は、解説を担当する演目について様々なアプローチで取材をしています。ときには、その芝居ゆかりの土地を実際に訪ねることも。そんな芝居にまつわる旅のことをお話する「バーチャル芝居ゆかりの地めぐり」。 2021年12月の国立劇場で17日まで上演されている『新版歌祭文』ゆかりの地・野崎村。野崎村のとなり町で育ったという横阪有香さんに、野崎村の風景と思い出を語ってもらいました。 *** 文:横阪有香 油屋お染の一途な想い「野崎村」は、近松半二という浄瑠璃作者の

スキ
4

【12月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『新版 伊達の十役 間書東路不器用』&南座『蜘蛛絲梓弦』

※試聴版です。オリジナル版(25:08)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

イヤホンガイド解説者が選ぶ!「忠臣蔵キャラクター総選挙」

“12月”といって思い浮かべるものといえば、芝居好きな皆さんはクリスマスよりも前にきっと「忠臣蔵」が出てくるはず!? ・・・ということで、今回は、芝居好きのイヤホンガイド解説者たちに「忠臣蔵」に出てくる登場人物のなかから「推しキャラ」を選んでもらう特別企画をお送りします! (※ちなみに『仮名手本忠臣蔵』だけではなく、すべての「忠臣蔵もの」からキャラクターを選んでもらった結果、かなり票数が割れております) *** まず上位5位のキャラクターをランキング形式で発表! 投票

スキ
3

冬に観たい演目~つれづれなるままに…

季節に合わせた「観たい演目」を解説者に語ってもらうこのシリーズも春・夏・秋と続き、ついに冬がやってきました。 今回の執筆者は市井佳代子さん。ジャンルも幅広く様々な”冬にぴったり!”の演目をご紹介していただきました。 *** 文:市井佳代子 こんにちは。市井佳代子です。 今回は、冬に観たい演目は?と尋ねられたので、考えてみました。 恋する雪だるまの精冬というと、きれいな雪景色が見たくなります。雪にまつわる演目はたくさんありますが、私が冬になると観たくなるのは、雪だるまの

スキ
1

【期間限定!ゲストトーク】尾上右近×三浦広平 後編

※試聴版です。オリジナル版(36:03)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
10

わたしの好きな歌舞伎のセリフ #2

歌舞伎には一度聴いたら忘れられないセリフがたくさんありますよね。今回は、数え切れないほど歌舞伎を観劇してきた解説者にとってのイチオシセリフをご紹介する「わたしの好きな歌舞伎のセリフ」をお届けします。 第2回のご担当は阿部さとみさん。共感するセリフや心がジーンとするセリフなど、阿部さんの好きなセリフとは……? どうぞお楽しみください。 *** 文:阿部さとみ 歌舞伎沼に遊んでうん十年。好きなセリフはたくさんある。義太夫物に純歌舞伎、能取り物などなど。日常に使っているお気

スキ
2

【11月音声コンテンツ】十世 坂東三津五郎さんの想い出トーク

※試聴版です。オリジナル版(22:55)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
4

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #18

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者の柳下国興さんがご担当。柳下さんは音声のイヤホンガイド と歌舞伎座の字幕ガイドを担当されています。(現在は感染症拡大防止のため、英語解説・字幕ガイドの貸し出しはありません) 言語の垣根を超える英語解説者としての視点で、歌舞伎の魅力を語っていただきます。 *** 文:柳下国興 まさかのハプニング 一度は歌舞伎を、と何気なしに入った歌舞伎座

スキ
2

【期間限定!ゲストトーク】尾上右近×三浦広平 前編

※試聴版です。オリジナル版(39:04)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
23

《歌舞伎×○○》憧れだった”矢絣”の着物

解説者たちに様々なジャンルと歌舞伎を絡めたお話を語ってもらう《歌舞伎×〇〇》シリーズ!今回のテーマは《歌舞伎×着物》です。 髙木美智子さんは矢絣(矢羽根)の着物になにやら特別な思いを抱いているとのこと。その思い出話をじっくりと語っていただきました。 *** 文:髙木美智子 幼い頃からの着物好き私は名古屋市で生まれ、昭和二十年一月二日 五才の時、空襲で焼け出され、瀬戸市(藤井聡太 三冠の居住地)に引越しました。 それからは歌舞伎好きの母や祖母に連れられて、名古屋までお芝居

スキ
2