見出し画像

「イヤホンガイド解説者のひろば」12月の配信記事ラインアップのお知らせ

あっという間に師走です。2020年、大変な年でしたね…

noteで連載中の「イヤホンガイド解説者のひろば」では、イヤホンガイド解説者たちがマニアックな芝居噺やエッセイ風の記事を執筆中。
リアルでは自由に集えない状況がまだちょっと続きそうなので、歌舞伎・文楽ファンの皆様がオンラインで集まれる場になれば嬉しく思います。

先月までの掲載記事はこちらから試し読み(途中まで)ができます。↓


それでは、今月12月に配信する記事のラインアップをご紹介しましょう
(ほぼ毎週金曜日に更新)

12月4日更新◆解説者リレー記事「歌舞伎の沼からこんにちは。私はこうして歌舞伎にハマった!」(執筆:飯村絵理子)
※解説者それぞれが歌舞伎や文楽の魅力の沼にはまった理由や芝居への愛を語る人気シリーズ。
12月11日更新◆バーチャル芝居ゆかりの地めぐり「忠臣蔵編」(執筆:濱口久仁子)
※解説をするための調査などで芝居ゆかりの土地を訪れたときのお話を綴るエッセイシリーズ。12月といえば…そう、「忠臣蔵」!
12月18日更新◆《歌舞伎×○○》宝塚歌劇編(執筆:阿部さとみ)
※異ジャンルについて、歌舞伎好きの視点から語る《歌舞伎×○○》。今回は宝塚歌劇をピックアップ!
12月25日更新◆「(おたのしみ)」
執筆は、横阪有香が担当します。内容は当日までお楽しみ。


この他、音声コンテンツ(担当演目振り返りトーク)も12月中旬に配信します。

12月中旬更新予定◆【音声コンテンツ】「そっちの『吃又』どうですか?」(仮)
※東は歌舞伎座、西は京都・南座で上演される『傾城反魂香』。それぞれの劇場で解説を担当する横出葵髙橋ひさしが、ネタバレありで繰り広げる東西『吃又』トーク。


「イヤホンガイド解説者のひろば」定期購読に登録すると、今月更新のコンテンツはすべてお楽しみいただけます。(月額500円/登録初月は無料)

登録初月は無料ですので、1か月のお試しもお気軽にどうぞ!


購読のご登録はこちらから↓


ありがとうございます。よろしければフォローもお願いします。
1
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。【お知らせ】当ページのリニューアル作業を行うため、1月25日~27日の期間中、頻繁に更新のお知らせが表示されることがございます。ご了承ください。