見出し画像

2021年2⽉配信記事ラインアップのお知らせ

本日は立春。暦の上では春ですが、春を感じるにはもう少し時間がかかりそうですね。

まだまだ続きそうな「おうち時間」のお供に、イヤホンガイド解説者たちが執筆する定期購読マガジン「イヤホンガイド解説者のひろば」いかがでしょうか。今月も、皆様に楽しんで頂けるような記事をはりきって更新していきます!

※先⽉までの掲載記事はこちらから試し読み(途中まで)ができます。↓


それでは、今⽉2⽉に配信する記事のラインアップをご紹介します。
(ほぼ毎週⾦曜⽇に更新)↓↓↓

2⽉5⽇更新◆解説者リレー記事「歌舞伎の沼からこんにちは。私はこうして歌舞伎にハマった︕」(執筆︓ジーン・ウィルスン)
※解説者それぞれが歌舞伎や⽂楽の魅⼒の沼にはまった理由や芝居への愛を語る⼈気シリーズ。今回は英語解説者のジーンさんが登場!
2月12日更新◆「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」~『泥棒と若殿』(執筆:鈴木多美)
※今月歌舞伎座で上演中の『泥棒と若殿』を深掘り!この作品と関連の深い作品を鈴木多美さんが見つけたそうで…?
2月19日更新◆【キニナル歌舞伎】奇妙な文字、不思議な漢字?(仮)(執筆:髙橋ひさし)
※歌舞伎や文楽のタイトルなどに出てくる漢字、気になったことありませんか?普段は使わない不思議な文字・漢字の謎にせまります。
2月26日更新◆バーチャルゆかりの地めぐり『道成寺』編(執筆:濱口久仁子)
※解説執筆の調査などで芝居ゆかりの土地にも足を運ぶことの多い解説者たち。リアルでは旅行にGoToできない状況ですし、解説者と一緒にバーチャルな旅にでかけましょう。


そのほか、解説者トーク(⾳声コンテンツ)も配信します︕

2⽉中旬更新予定◆「イヤホンガイド解説者が担当演目を振り返ってみた!」(佳山泉×中川美奈子)
※歌舞伎座の解説を担当するお二人が、今月の担当演目をネタバレありで!振り返ります。担当した演目の感想から解説に入れられなかったこぼれ話まで… ご観劇後にもうひと段階のお楽しみとして聞いていただきたい楽しいトーク(に今回もなるはず!※収録これから)です。


「イヤホンガイド解説者のひろば」定期購読に登録すると、今⽉更新のコンテンツはすべてお楽しみいただけます。(⽉額500円/登録初⽉は無料)
登録初⽉は無料ですので、歌舞伎・文楽好きが集まるひろば、ぜひ一度のぞいてみてください。

こんな記事が読みたい!などのリクエストもお待ちしています。コメントでお寄せください。(編集A)


「イヤホンガイド解説者のひろば」ご登録はこちらから↓


登録⽅法を詳しく画像付きでご案内した記事はこちら↓↓↓


スキ、ありがたき幸せ。
3
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。