見出し画像

バーチャル芝居ゆかりの地めぐり① ~『研辰の討たれ』をたずねる~(後編)

イヤホンガイド解説者は、解説を担当する演目について様々なアプローチで取材をしています。ときには、その芝居ゆかりの土地を実際に訪ねることも。そんな芝居にまつわる旅のことをお話する「バーチャル芝居ゆかりの地めぐり」。

今回は『研辰の討たれ』ゆかりの地をたずねる市井佳代子さんの旅、後編です。さあどんな出会いが待っているのでしょうか。

****

文:市井佳代子

皆様こんにちは。市井佳代子です。
前回に引き続き『研辰の討たれ』ゆかりの地を訪れた時のことをお話しいたします。

前回のおさらい

この芝居は、敵を討たれる側が主人公という異色の仇討ち物で、主人公の名は、お芝居では辰次ですが、実際は辰蔵です。辰蔵は、香川県綾川町の羽床で、敵(かたき)として討ちとられました。近江の国(滋賀県)で殺人を犯したあと諸国を逃げ回っていた辰蔵は、羽床の実家に戻り、また研ぎ師として暮らしていたところ、殺された武士の弟たち(お芝居では息子達)に見つかったのです。

↓   前回の記事はこちらから


浄覚寺

敵討ちが行われた場所の近くに、辰蔵の弔いを行ったという浄覚寺があるので、行ってみました。

画像1

↑ 浄覚寺(香川県綾歌郡綾川町)


浄覚寺は本堂が閉まっていて、全く中が見えませんでした。せっかく来たのにな、と周りをうろうろしていると、住職の奥様に会うことができました。ご住職が亡くなられたばかりで、寺を閉めていたとのこと。

私が訪れた訳を話すと、本堂を開けて中へ入れてくださいました。その上お茶まで出してくださったので、世間話やら研辰の話やらをしていますと、ふいに奥へ行かれた奥様が「ちょっと手伝ってー」とお呼びになります。奥へ行くと、棚から大きな箱を出しているところでした。

この続きをみるには

この続き: 2,721文字 / 画像2枚
記事を購入する

バーチャル芝居ゆかりの地めぐり① ~『研辰の討たれ』をたずねる~(後編)

株式会社イヤホンガイド

200円

スキ、ありがたき幸せ。
4
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。 記事にリアクション頂くとイヤホンガイド公式キャラクター「くまどりん」が登場することがあります。https://www.eg-gm.jp/e_guide/

こちらでもピックアップされています

イヤホンガイド解説者のひろば
イヤホンガイド解説者のひろば
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。