見出し画像

「高木秀樹だより」季節の挨拶から芝居噺まで(11月13日号) ~文楽に目覚めたきっかけ は「道明寺」~

今回の記事は、高木秀樹さんの芝居噺を不定期でお届けする「高木秀樹だより」。このコロナ禍で秀樹さんが新たにチャレンジなさったお仕事や、思い入れのあるという『菅原伝授手習鑑』「道明寺」にまつわる芝居噺をお楽しみください。

***
文:高木秀樹

皆様ご機嫌よろしうございます。お元気でいらっしゃいますか。前回この欄を書かせて頂いたのは6月初めでした。ようやく「コロナ第一波」が落ち着いてきた頃です。とはいえ、その時分はまだ劇場再開の目途が立っていませんでしたから、芝居ファンの皆様も、やきもきしたことでしょう。


待ちに待った公演再開!

その後、歌舞伎座が8月に再開しまして、9月には国立劇場の文楽公演、10月には同じく国立の歌舞伎が再開となりましたのは皆様もご存知のとおりです。
コロナ禍以後、皆様はお芝居にお出掛けですか?

画像1

大阪にある国立文楽劇場の客席。
歌舞伎座などと同じく定員の半分以下の上演。
座れない座席にカバーが掛けられている。


待ちに待った劇場再開なので、もうスグに出掛けたという芝居ファンも多い中、「お母さんが芝居に行ってコロナに罹ったら、ウチの者みんながコロナになるから、まだ行っちゃダメ」と、止められている方もいらっしゃるとか。まあ、それもやむを得ないところで、一日も早いコロナ終息が望まれますね。


インターネットでの講座

そのコロナの影響で、わたくしめも新しい業務「インターネット配信による解説」というものを経験しました。このイヤホンガイドでもお話をしましたので、ご覧くださった方もいらっしゃるでしょう。それは本当に有難いことなんですが、いつものイヤホン解説でしたら声だけのところ、インターネット配信では顔(つら)を晒すことになるので、キツイですねえ・・・。

画像2


インターネットの講座と申しますと、現在イヤホンガイドでは「解説者養成講座」という催しを行っております。「イヤホン解説って、どうやって作るのか仕組みが知りたい・・・」。「わたしも解説者になりたい・・・」という方々が多く参加されておりまして、その一回目で何故か、わたくしめがお話をさせて頂きました。

この続きをみるには

この続き: 2,927文字 / 画像9枚
記事を購入する

「高木秀樹だより」季節の挨拶から芝居噺まで(11月13日号) ~文楽に目覚めたきっかけ は「道明寺」~

株式会社イヤホンガイド

200円

ありがとうございます。よろしければフォローもお願いします。
2
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。 記事にリアクション頂くとイヤホンガイド公式キャラクター「くまどりん」が登場することがあります。https://www.eg-gm.jp/e_guide/

こちらでもピックアップされています

イヤホンガイド解説者のひろば
イヤホンガイド解説者のひろば
  • ¥500 / 月
  • 初月無料

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。