見出し画像

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #9


解説者たちが歌舞伎の沼にハマった経緯と歌舞伎愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは。」

今回は、歌舞伎座や国立劇場で歌舞伎の英語解説を担当するジーン・ウィルスンさんが登場です。ジーンさんが歌舞伎の沼にたどり着くまでの道のりとは…?(※日本語のあとに英語の原文を載せています)

***

文:ジーン・ウィルスン  Jean Wilson

日本人にも、日本語にも出会わずに…

私は、歌舞伎の世界にたどり着くまで、長くゆっくりと道のりを進んできました。

アメリカ人の同僚たちは、日本のカルチャー情報にアクセスしたり、大学で日本語を勉強したりする機会もあったようですが、私の場合はロンドンからも遠く離れたイギリス国内で学生時代を過ごしたので、そんな機会もありませんでした。経営者向けの語学学校に勤務していた30歳のとき、東京校に派遣されるまで、実は日本人に会ったことも日本語を聞いたこともなかったのです。私は日本語をひとつも知らずに日本に到着しました。

My route into the world of kabuki was long and slow. 

Unlike my American colleagues, who seem to have had access to information about Japanese culture, and the chance to study the language at university, that was not available in Britain outside of London during my student days. In fact, I did not meet a Japanese person or hear Japanese until I was 30, the year before I was sent to the Tokyo branch of the language school for executives that I was working for. I arrived here not knowing a word of the language.

画像1


はじめての歌舞伎観劇のこと

東京に着いて2ヶ月後に、ジャパン・タイムズ英字新聞に「歌舞伎座7月公演が面白い」とあったので、初めて歌舞伎を観に行きました。

英語プログラムを購入すると、あらすじは掲載されていましたが、英語版イヤホンガイドも当時はありません。セリフはひとつも理解できませんでしたが、それでも感動で涙が流れ落ちました。三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)演じる、両親の皮でできた鼓に焦がれる狐忠信から目を離すことができなかったのです。それまで観てきた中でも一番の衝撃を受けた舞台でした。『義経千本桜』に出てくるケレンの演出 ― 狐が突然現れたり消えたりする早替わり、幕切れにワイヤーに吊るされて三階席へ飛んでいく宙乗りなど ― にも大興奮でした。

今でもその公演のことは、心の中で観ることができます。40年以上前のことですが、記憶にしっかりと焼き付いているのです。初観劇で歌舞伎に心を奪われ、歌舞伎愛に火がつき、そこから今日まで繋がっています。

Just two months after my arrival, I went to see kabuki for the first time, following a recommendation in the Japan Times English newspaper that the July performance at the Kabukiza was an interesting one.

I bought an English programme, which contained a summary of the story but I couldn't understand a word being spoken on stage and the English Earphone Guide did not exist at that time. Yet, tears of emotion rolled down my face. I could not take my eyes off the fox Tadanobu, pining for the drum made from the skin of its parents, played by Ichikawa Ennosuke III (now Enou II). It was the most electrifying performance I had ever seen. I was also dazzled by all the keren that are included in "Yoshitsune Senbon Zakura," such as the quick costume changes, the sudden appearances and disappearances of the fox, and of course, the chunori flight on wires to the third floor at the end.

I can still see that performance in my mind; it is seared into my memory although it took place over 40 years ago. That first experience of kabuki 'hooked' me and lit the flame of love for kabuki that continues today.


違いすぎる歌舞伎に混乱!

さて、その一度の観劇経験だけで「全ての歌舞伎作品が『義経千本桜』と同じように動きが多彩で、わくわくするものなのだろう」と考えてしまうことになったわけですが…
どうしてももう一度観たい!とチケットを手に入れて再び訪れた歌舞伎は、会話を中心とした歴史劇。内容もわからないと恐ろしく退屈に感じてしまい…、大変がっかりイライラして劇場をあとにしました。どちらも「歌舞伎」と呼ばれる二つのお芝居なのに、なぜこれほど違うのか!?と。

どの歌舞伎がどんな内容なのかを見分ける方法を知りたいと思いましたが、当時は頼りになる手引きはほとんどなく、わずかな新聞記事と本が数冊あるくらいでした。

However, that one experience led me to think that all kabuki plays were as action-packed and exciting as "… Senbon Zakura."
I eagerly bought a ticket to see kabuki again, but it was a dialogue-centred historical play. It was incomprehensible and horribly boring and I came away from the theatre feeling very disappointed and frustrated. I couldn't understand how two plays, both called "kabuki", could be so different.

I obviously needed to know how to distinguish between the plays, but there was little guidance to help me then—only a few articles in the newspaper and a couple of books.


突然やってきた、執筆の依頼 

この続きをみるには

この続き: 6,755文字 / 画像1枚
記事を購入する

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #9

株式会社イヤホンガイド

100円

(*^▽^*)ワーイ
3
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。