バーチャル芝居ゆかりの地めぐり~『義経千本桜・吉野山』より忠信"物語"ゆかりの地・屋島を訪ねて~
見出し画像

バーチャル芝居ゆかりの地めぐり~『義経千本桜・吉野山』より忠信"物語"ゆかりの地・屋島を訪ねて~

イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】

芝居にまつわる土地を巡る旅のことをお話する「バーチャル芝居ゆかりの地めぐり」。今回は中川美奈子さんに、『義経千本桜・吉野山』ゆかりの地である屋島の風景と思い出を語っていただきました。どうぞお楽しみください!

***

文:中川美奈子

『吉野山』の"物語"


私は、『義経千本桜』の中の舞踊、「吉野山」が大好きです。美しく繊細であり、また豪快でもあり、何度見ても魅力的な舞踊です。
『義経千本桜』は、歌舞伎好きの方ならご存知のことですが、主役は義経ではありません。
源平の戦いに巻き込まれた、名もなき市井の人々が主役になったり、また討ち死にしたはずの平家の武将が実は生きていたり…といった思いもよらない演出で、現代の私たちを今も引きつけてやまない、壮大な物語です。

その中にあって、『吉野山』は、桜満開の吉野山中を舞台に、静御前とお供の狐忠信が、来し方行く末に思いをはせながら旅してゆく、と言う美しい場面です。
ご存知の方も多いかと思いますが、男女であっても、主従での道行舞踊は珍しいものです。そして、女雛男雛のように二人が一瞬並ぶ、恋すれすれのような形など、見どころも多い作品です。

左から狐忠信・静御前・源義経

しかしながら私が今日ご紹介するのは、舞台背景の吉野山ではありません。
題名にある吉野山は、かつて訪れたことがあり、もちろんその奥深さと美しさは稀有なものですが、劇中、狐忠信が、源平合戦の模様を「仕抜き」(一人で)で踊る、いわゆる"物語"の場面で語られる屋島を知らないままだったのです。
私はふだんから、どちらかと言うと女方の方に目が行ってしまうのですが、この「吉野山」の"物語"は、立ち役の勇壮さ、美しさが堪能できる踊りだと思っています。

屋島は「島」ではなかった?!


私が屋島を訪ねたのは、これも念願かなってこんぴら歌舞伎大芝居を見に出かけた2019年春のこと。初めての四国の旅は、桜満開の贅沢な時間でした。
学生時代、貴族文化と武家文化のあわいに位置する『平家物語』に魅かれ、
たびたびページを繰った私は、とても興奮していました。
有難いことに、偶然取ったホテルの部屋からは、屋島が一望できました。
そして、屋島が「島」ではないと知った驚き!

初めて見る屋島は、巨大な台地でした。

江戸時代までは本当に島だったというこの屋島、京都で栄華を極めた平家の人々は、ここまで辿りつき、この大きな屋島を見上げて、どんな気持ちだったでしょう。
なぜここまで来なくてはならなかったのか、どうしてこんなことになったのかと、涙にくれながら見上げたのではなかったでしょうか。

屋島から見下ろす春の海は、穏やかに見えましたが、ところどころ渦を巻く白波が、いくさの虚しさや悲しみを、静かに語りかけてくるようで、自然と私は口をつぐんでおりました。

この続きをみるには

この続き: 1,425文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m547424bc0b3f イヤホンガイド解説者が各部の見どころをじっくりレクチャーします。

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色…

(*^▽^*)ワーイ
イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。イヤホンガイド解説者の記事やトークを配信中!https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m2752100a0106