《歌舞伎の中の〇〇探し》動物が出てくる歌舞伎
見出し画像

《歌舞伎の中の〇〇探し》動物が出てくる歌舞伎

この記事を読んでいる皆さんは、動物はお好きですか?
おうちで飼っているペットはもちろん、街中で見かける雀や鳩、自然豊かなところですと狸や猪など、私たちは昔から様々な動物と共に生きて暮らしていますね。

第二回「歌舞伎の中の〇〇探し」では、そんな動物たちを歌舞伎の演目や俳優さんの名前の中から探し出してみました!どうぞお楽しみください。

***

文:五十嵐大祐


歌舞伎に出てくる動物、動物が出てくる歌舞伎

おうち時間がめっきり多くなった昨今、ペットを飼い始める人が増えているようで、2020年の新たに飼われた犬や猫の数は、およそ10万頭にも上るそうです。心を癒してくれる動物の存在は、人間に欠かせないものなのかも知れません。

画像1

今月は世間はオリパラの話題でにぎわっていますが、一方でYouTubeには日々動物関連の動画もアップされ、中には2億回以上も再生されている動画もありました。また上野動物園の双子のパンダの赤ちゃんや、奈良で今年生まれた子鹿が公園デビューしたニュースなど、動物たちが日々話題になり、それはとりもなおさず我々の生活に、動物が馴染み深い存在になっているという証拠でしょう。

実は歌舞伎も例外ではなく、お芝居の舞台には、江戸の昔からたくさんの動物たちが登場してきました。今回は、そんな歌舞伎と動物たちの関わりを探して行こうと思います。


歌舞伎役者の名前にひそむ動物たち

歌舞伎役者達の名前をよく見てみると、白「鸚」、「猿」之助、「獅」童、「海老」蔵、「亀」三郎、「亀鶴」、「丑」之助、「雀」右衛門、「鴈」治郎、扇「雀」、「寅」之介、「鷹」之資、などなど、哺乳類から、鳥類、両生類、甲殻類まで、実に様々な動物達が隠れていることに気がつきます。

歌舞伎役者の名前は、江戸の昔から受け継がれてきた名前も多く、長寿の象徴とされるおめでたい鶴と亀や、祭りに登場する飾り海老十二支に登場する縁起の良い動物を、役者の名前にも織り込みました。これは現代でいうキラキラネームに通じるネーミングセンスかも知れません。

画像4

ちなみに2020年に生まれた男の子の名前ランキングの1位は2年連続で「蓮(れん)」で、その他も「蒼(あおい)」「樹(いつき)」など、漢字一文字の名前が流行しており、上位10位以内に動物が入った名前は1つもありませんでした(※1)。

この事からも、役者名に動物を入れることは、江戸当時の流行であり、ゲン担ぎや縁起の良い事が大好きな江戸っ子ならではと言えるかもしれません。

※1 2020年ベネッセ赤ちゃんの名前ランキングより


舞台に登場する動物たち

お芝居に動物が出てくる事はよくありますが、パッと思い浮かぶのは、花道から背中に将軍を乗せて登場したり、牛車をひいて舞台にやってくる馬や牛ではないでしょうか?実際『車引』では黒い牛が登場しますし、『熊谷陣屋』や『矢の根』など、馬が登場するお芝居も沢山あります。

ご存知の通り、馬の中には人間(歌舞伎俳優)が前後に2人入って馬役を勤めます。お芝居を観始めた当初、その動きに漠然と違和感を感じていましたが(人間なので当然ですが)、最近になってその原因は、うしろ足の動きにある事に気付きました。つまり前足の動きは本物の馬と同じですが、後ろ足の関節の向きと動きが、馬と人間では正反対だったのです。人間が演じる以上、そうならざるを得ない事ですし、今はその独特な脚遣い?も含めてお芝居を楽しんでいますが、この馬役は見た目以上に大変で、芝居の間(ま)や、役者の息遣いを知り尽くす熟練した役者にしか勤まらないお役だそうです。
また『赤い陣羽織』など特に出番の多い舞台では「飼葉料」として、特別ボーナスが支給される事もあるそうです。

画像2


他にも歌舞伎十八番『象引』の象、歌舞伎版ライオンキング『連獅子』や、『国性爺合戦』『吃又』『傾城反魂香』の虎など、大きな動物が出てくるお芝居も数多くありますが、一方で『祇園祭礼信仰記~金閣寺』の鼠や龍、『桜門五三桐』の鷹など、小動物や鳥類、はたまた伝説上の生き物まで歌舞伎には登場します。これらの動物達は差金によって黒衣が操りますが、これも演じる役者と息や間合いがピッタリ合っていないと勤まらない大事なお役である事は、言うまでもないでしょう。ちなみに歌舞伎に出てくる動物達の普段のケアをする飼い主?は小道具方が担当しており、例えば馬のたて髪などは本物の馬毛で制作することで舞台によりリアリティを出しています。


舞台に本物の動物が!


この続きをみるには

この続き: 2,316文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m547424bc0b3f イヤホンガイド解説者が各部の見どころをじっくりレクチャーします。

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色…

(*^▽^*)ワーイ
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。イヤホンガイド解説者の記事やトークを配信中!https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m2752100a0106