歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #14
見出し画像

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #14

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。

今回は佳山泉さんがご担当。以前は関西在住だった佳山さんには、いったいどんな沼の入り口が……? どうぞお楽しみください!

***

文:佳山泉

はい、こんにちは。ってなことで、~私はこうして歌舞伎にハマった~ ついに自分の番がやってきました。歌舞伎か文楽か、と問われると文楽派の私ですが、歌舞伎にハマったと改めて考えると「あの時だった」と思える出来事をお伝えいたします。

だてに雑煮の数を食っているわけではないので、それなりに想い出がありますが、初めて歌舞伎を観たのは、学生時代のこと。短大時代の講義の一環でした。


もしや、前世は江戸時代の人間?

自慢じゃありませんが、私が通っていた短大は、大阪では恐らく一番授業料が高いと言われているお嬢様学校でした。それなりの学力の学校ですが、エスカレーターで上がった私は外部生とは格段に勉学への意欲が低い方でした。

その時観劇したのは、平成8年7月大阪の中座の関西歌舞伎を愛する会の公演。チラシの俳優名で知っているのは、“片岡孝夫”と“坂東八十助”。
片岡孝夫。うんうん、大河ドラマで後醍醐天皇を演じてた人だ! 天上人とはこの人のことを言うのだ! と10代の時から神々しさを感じていたお方。そして、坂東八十助。確か、コーヒーのCMで「違いがわかる男」って言ってたな。

失礼にも程がある、この程度の知識しかなかった私。実際の歌舞伎の舞台を観て、いざ歌舞伎にハマったかというと、この時は、とにかく不思議な感覚を受けました。演目は『切られお富』、『仮名手本忠臣蔵』の七段目、そして『男女道成寺』。

1本目の『切られお富』は初見のはずにも関わらず、そのセリフ回しの聞き心地に、「私、この物語知っている!」と感じたのです。お富を演じていたのは、澤村藤十郎さん私が思う女形のイメージを作ってくださった原点の舞台です。

2本目の七段目も「この物語も知っている!」。もちろんあらすじは有名な忠臣蔵のお話ですので、時代劇のドラマなどで観たことがあったのかも知れませんが、七段目は初めて観たのに、一力茶屋の舞台面を観たことがあると感じたのです。この時、私の前世は江戸時代に生きていたのだと思いましたが、のちに占いによると前世はブルガリア人とのことでした。場所違うし……。

そして、最も衝撃を受けたのは、お目当ての坂東八十助さんのお姿が一致しない!
この時の七段目で演じてらしたのは、“寺岡平右衛門”。寺岡平右衛門は、下級武士の足軽の役。いや、足軽は士分には値しない身分。言葉遣いもどちらかと言うと豪快、動きもしっとりではなく、キビキビした動き。
テレビでみる物静かな八十助さんのイメージとは全く違い、声も違う。これが歌舞伎の芸というものだとはその時は気づきませんでした。「違いがわかる男の違いが分からない!」

寺岡平右衛門 坂東彦三郎・白人おかる 沢村田之助 トリミング

寺岡平右衛門(右) 「東錦絵」より


八十助さんを気になり始めたのは必然だった!?

同じ年の平成7年11月の南座の歌舞伎公演にも行きました。この時も講義の一環。ちょうど五代目尾上菊之助・二代目尾上辰之助の襲名披露公演だったかと記憶しています。

この時も坂東八十助さんが出演なさっていて、印象に残っているのが『弁天娘女男白浪』で、南郷力丸を演じてらっしゃいました。
こちらは武士どころか、盗賊役。“白浪”という言葉は、中国の漢の時代、白波谷(はくはこく)という谷に隠れて財宝略奪をする盗賊がいて、これを白波賊(しらなみぞく)と呼んだ故事からきています。江戸の市井に生きる、盗賊。盗賊団の白浪五人男の中でも、南郷力丸は兄貴分的な荒々しい男っぽさが魅力の人物。
これも思い描いていた上品なイメージと違う! それから坂東八十助さんのことが気になって気になって…。

弁天小僧浮世絵

南郷力丸(1番左)「豊国画帖」より 


ちなみにどうして八十助さんが出ている公演ばかり学校から観劇していたかと言うと、坂東巳之助さんのお母様の出身校だったからで、そのご縁で八十助さんがご出演なさる舞台を学校から観劇に行っていたわけでした。


運命の日は突然に……

そんな全くの歌舞伎素人の私が、ミーハー行為で行ったのが、世に言う“出待ち”です。

この続きをみるには

この続き: 1,421文字 / 画像4枚
記事を購入する

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #14

イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】

100円

スキ、ありがたき幸せ。
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。イヤホンガイド解説者の記事やトークを配信中!https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m2752100a0106