イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】
《第十一回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」 『生写朝顔話』/『彦山権現誓助剣』~ボーイ・ミーツ・ガール 歌舞伎・文楽「恋」の方程式~
見出し画像

《第十一回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」 『生写朝顔話』/『彦山権現誓助剣』~ボーイ・ミーツ・ガール 歌舞伎・文楽「恋」の方程式~

イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】

「イヤホンガイド解説者のひろば」今回は鈴木多美さんがご担当。
これまでの解説経験で「何故?」と思った疑問を、多美さん目線で深掘りする不定期連載企画「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」の第十一回をお届けします。

気になる副題「ボーイ・ミーツ・ガール」…どんな深堀りになりますでしょうか!どうぞお楽しみください。

***

文:鈴木多美

アメリカの小話にこんなものがあります。

ある脚本家が夢の中で素晴らしい題材を思いつき、寝ぼけながらメモを取った。翌朝起きて読んでみると、”Boy meets girl” とあった。

画期的な思い付きだと思ったのに、なーんだ、よくある恋物語か、というオチです。アニメでも、女子高生が「遅刻遅刻!」と食パン咥えて駆け出して、曲がり角でぶつかった男子高生と出会い、恋が始まるストーリーは王道ですね。


時代物と世話物における恋の方程式

歌舞伎・文楽にも、恋の話は沢山あります。

近松門左衛門が活躍した元禄時代、十八世紀始め頃の人形浄瑠璃(文楽)では、史実や伝承を脚色したものやお家騒動などの時代物は全五段、新聞の三面記事のような事件を扱う世話物は 上(中)下 が基本でした。

で、恋模様の扱いはというと、〈時代物の恋模様は主筋にならず、世話物は恋模様が主筋〉でした。近松作の時代物で、正徳五年(1715)に初演された『国姓爺合戦こくせんやかっせん』に恋模様は全くなし。恋の話は、心中など世話物が一手に引き受けました。


『朝顔話』は恋物語にあらず

幕末の嘉永三年(1850)成立の『増補生写朝顔話ぞうほしょううつしあさがおばなし』は全五段で、文楽ではその内「宇治川蛍狩り」「明石浦船別れ」「宿屋」「大井川」の段と、深雪と阿曽次郎の恋模様を描く場面がよく上演されます。

豊国『踊形容外題尽 絵入稗史夢物語宇治蛍沢の場』(国立国会図書館所蔵) (https://jpsearch.go.jp/item/dignl-1310904)


秋月藩家老の娘 深雪は「蛍狩」で宮城阿曽次郎と出会ってお互いに一目ぼれ。阿曽次郎は「露の干ぬ間の朝顔を」の恋歌を深雪の扇に書きます。その後、深雪は阿曽次郎を追って家出。なかなか巡り合えない深雪は泣き暮らして盲目となり、瞽女ごぜにまで零落します。阿曽次郎は旅の途中の島田宿で「露の干ぬ間の朝顔を」を歌う深雪に気が付きますが、名乗らずに去ってしまいます。

この続きをみるには

この続き: 2,210文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m547424bc0b3f イヤホンガイド解説者が各部の見どころをじっくりレクチャーします。

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色…

スキありがとう!
イヤホンガイド【観劇に+αの楽しみを!】
おもに歌舞伎や文楽など、伝統芸能をわかりやすく解説する劇場サービス「同時解説イヤホンガイド」を運営している会社です。イヤホンガイド解説者の記事やトークを配信中!https://earphoneguide.eg-gm.jp/m/m2752100a0106