マガジンのカバー画像

イベント

86
運営しているクリエイター

#仮名手本忠臣蔵

固定された記事

イヤホンガイド・字幕ガイドのお貸出しについて

2020年9月公演より、感染予防対策を講じたうえで、イヤホンガイドのお貸出しのみ再開しております。 各劇場でのイヤホンガイド・字幕ガイドお貸出しについては以下をご覧ください。 【弊社の新型コロナウイルス感染対策】 → 新型コロナウイルス感染症 COVID-19関連のお知らせとお願い ★事前予約でスムーズ!オンラインストア「耳寄屋」はこちら📲 今月のイヤホンガイドはこちら ※各劇場の情報について 公演の実施などに関しましては、ご来館前に各劇場のWEBサイトで最新情報をチ

スキ
5

親子は一世、夫婦は二世、主従は三世、12月国立劇場は忠臣蔵が熱い!

12月国立劇場 小劇場では、人形浄瑠璃文楽 『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』を上演中。主人公のモデルとなった、大石内蔵助(おおいしくらのすけ)の刀の鐔(つば)と共に、忠臣蔵の世界をご紹介します! 主君を思う忠義の鐔(つば) 作品名:大石内蔵助所用「四方二つ巴文鐔」 地金・技法:鉄地、透彫、金布目象嵌 鉄地の四隅に透かしてあるのは、大石家の家紋「二つ巴」をデザイン化したもの。箱書には「大石良雄所用鍔有相得之呈籠手田君 鐡舟居士印(印・鉄太郎)」=【大石良雄(