イヤホンガイド解説者のひろば

《第四回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」~作家山本周五郎の視点 -『泥棒と若殿』と『絵本合法衢』-

「イヤホンガイド解説者のひろば」今回は鈴木多美さんがご担当。 これまでの解説経験で「何故?」と思った疑問を、多美さん目線で深掘りする不定期連載企画「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」の第四回をお届けします。 さて、今回は文芸界でも有名な山本周五郎原作の人気作品『泥棒と若殿』について。今月の歌舞伎座二月大歌舞伎で久々に上演されています。実はその『泥棒と若殿』、大悪党が登場する歌舞伎作品『絵本合法衢』と共通点があるらしい…? さっそく深掘りしていきましょう! *** 文:鈴木多美

スキ
5
有料
150

《第三回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」~『時今也桔梗旗揚』と『絵本太功記』歴史上あり得ない?悲劇の英雄・光秀

「イヤホンガイド解説者のひろば」今回は鈴木多美さんがご担当。 これまでの解説経験で「何故?」と思った疑問を、多美さん目線で深掘りする不定期連載企画「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」の第三回をお届けします。 さて、今回はNHK大河ドラマでも話題の明智光秀が登場する『絵本太功記』について掘り下げていきましょう! *** 文:鈴木多美 『麒麟が来る』いよいよ大詰 NHKで放映中の大河ドラマ『麒麟がくる』は、本能寺の変で織田信長を暗殺した明智光秀が主人公です。コロナ禍騒動で放映が延

スキ
6
有料
150