マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#片岡仁左衛門

忘れられないあの舞台!~襲名披露、賑わいの中に~

解説者が思い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回の担当は三浦広平さん。あの名優の襲名披露興行の舞台を中心に語ります。 さぁ、三浦さんの忘れられない舞台とは…?どうぞお楽しみください。 *** 文:三浦広平 歌舞伎の花と言えば皆さん、どんなものを想像されるでしょうか? 花形が猛稽古を経て初役で挑む『娘道成寺』、あるいは脂の乗った中堅同士が『勧進帳』の弁慶と富樫で散らす芸の火花。 はたまた「〇〇サマを見続けて50年、今はお孫さんと共演することもある年だけど

スキ
12

【2月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『義経千本桜 渡海屋・大物浦』『鬼次拍子舞』

※試聴版です。オリジナル版(31:19)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #16

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。実は”別の沼”の住人だったという髙橋ひさしさん。歌舞伎沼への道のりはどんな風景だったのでしょうか?? *** 文:髙橋 ひさし 私は『義経千本桜』二段目・大物浦や『絵本太功記』十段目の舞台、そして近松門左衛門ゆかりの地でもある兵庫県は尼崎の出身。それなのに歌舞伎に触れたのは大学を卒業してからなのです。あれは2004年7月大阪松竹座での十一代目市川海老蔵襲名

スキ
3

【9月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『近江源氏先陣館』&『東海道四谷怪談』

※試聴版です。オリジナル版(30:42)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

【6月音声コンテンツ】解説者による“熱い”桜姫トーク!

※試聴版です。オリジナル版(31:21)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
8

忘れられないあの舞台!~1985年の桜姫東文章~

解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回のご担当は中川美奈子さん。 伝説の舞台とも評される昭和60年(1985年)3月歌舞伎座にて上演された、『桜姫東文章』について…どうぞお楽しみください。 *** 文:中川美奈子 先月末のこと、いつもお世話になっているnote担当の方から、テーマを二つ提示され、どちらかを書いてみませんか、とのお話がありました。一方については、あれやこれや頭に浮かんでは消えるのですが、もう一方は「忘れられない舞台」というテーマ

スキ
29
有料
150