マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#俊寛

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #16

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。実は”別の沼”の住人だったという髙橋ひさしさん。歌舞伎沼への道のりはどんな風景だったのでしょうか?? *** 文:髙橋 ひさし 私は『義経千本桜』二段目・大物浦や『絵本太功記』十段目の舞台、そして近松門左衛門ゆかりの地でもある兵庫県は尼崎の出身。それなのに歌舞伎に触れたのは大学を卒業してからなのです。あれは2004年7月大阪松竹座での十一代目市川海老蔵襲名

スキ
4

【11月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『蜘蛛の絲宿直噺』&国立劇場『平家女護島 俊寛』

※試聴版です。オリジナル版(23:41)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
2

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #5

解説者それぞれが歌舞伎や文楽の魅力の沼にどうやってハマったのかをお話しする記事のシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回のご担当は、奥山久美子さんです。 *** 文:奥山久美子 音楽の道を歩む子供時代歌舞伎の沼。今でこそ毎月のスケジュールと懐具合に頭を抱えながら、せっせと観劇予定を詰め込むほど、どっぷりと歌舞伎沼にハマっている私ですが、少し前までは、歌舞伎を観に行くようになるとは、ましてや歌舞伎沼にハマってしまうとは夢にも思いませんでした。 私は、3歳の時にピア

スキ
6
有料
100