マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#観劇

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #18

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者の柳下国興さんがご担当。柳下さんは音声のイヤホンガイド と歌舞伎座の字幕ガイドを担当されています。(現在は感染症拡大防止のため、英語解説・字幕ガイドの貸し出しはありません) 言語の垣根を超える英語解説者としての視点で、歌舞伎の魅力を語っていただきます。 *** 文:柳下国興 まさかのハプニング 一度は歌舞伎を、と何気なしに入った歌舞伎座

スキ
2

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #17

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回はすぎはらちゅんさんがご担当。歌舞伎が気になりだしたのはまさかの○○がきっかけだったそうで……? どうぞお楽しみください! *** 文:すぎはらちゅん 劇場という空間が好き 歌舞伎は私にとって「沼」というよりも広い「海」のようなところなのですが、今回は、私が歌舞伎の世界にハマったきっかけをお話しさせていただきましょう。 私は学生の頃から、演劇に限

スキ
6

忘れられないあの舞台!~人気俳優・大川橋蔵の歌舞伎役者としての姿~

解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回のご担当は松下かほるさん。 時代劇でも著しい活躍を見せた名優・大川橋蔵。歌舞伎の舞台で魅せたその姿とは......? どうぞお楽しみください。 *** 文:松下かほる 老若男女に愛された二代目大川橋蔵 歌舞伎役者として活躍した二代目大川橋蔵の名前をご記憶に留めていらっしゃる方も、今では少なくなっているのではないでしょうか。しかし、橋蔵が後に東映に移り映画の世界でも注目され、更にテレビドラマにも出演し、フジ

スキ
2
有料
150

《歌舞伎の中の〇〇探し》歌舞伎と江戸と縁起物

2021年が始まって、2週間ちょっと。寒いし、お正月を外で楽しむというのがなかなかしづらい時勢となりましたが、いかがお過ごしですか? 今回は五十嵐大祐さんによる、歌舞伎の中の〈縁起物〉探し。おめでたい雰囲気を感じてください。江戸の街に住む、お芝居の中の登場人物たちの考え方はわたしたちにも受け継がれているようです! *** 文:五十嵐大祐 2021年の幕開きですね。初春。迎春!新年には「あけましておめでとうございます」という名台詞?がありますが、昔から新しい年を迎える事

スキ
12
有料
150

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #8

みなさま、こんにちは!2021年も「イヤホンガイド解説者のひろば」では解説者から溢れる歌舞伎愛・文楽愛をお届けしてまいります。どうぞお付き合いくださいませ。 記念すべき2021年一発目は、シリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 三浦広平さんが学生のころの観劇風景をお話します。懐かしさを感じられる方もおおいことでしょう。ちょっと客席やロビーの風景をおもいだしていただければ…。 *** 文:三浦広平 まくら、のようなもの 「どうらく、というヤツは道を楽しむと書きますが

スキ
12
有料
100

忘れられないあの舞台! ~色鮮やかな3人の女方たち~

今回は、解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 ご担当は松下かほるさん。松下さんが出会った三人の名女方のお話をお楽しみください。 **** 文:松下かほる 子供の頃の芝居の記憶私が子供の頃、よく母は親友と一緒に芝居を見に行った時の話をしてくれたのですが、私自身にはその時の確かな記憶はまったくありませんでした。子供の私は、観劇中に声をだして登場人物の出入りの実況中継?をしていたそう。母は私の口をおさえ、身の縮む思いをしたようです。そして、「この子が大

スキ
4
有料
150

忘れられないあの舞台! ~一番古い歌舞伎の記憶 六代目菊五郎の伊左衛門~

今回は、解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 ご担当は髙木美智子さん。ふるさと 名古屋で観た、忘れられない名役者・名舞台をお話しいただきました。 ***** 文:髙木美智子 小学一年の終わり頃に見た 六代目尾上菊五郎の「夕霧伊左衛門」は私にとって「カルチャーショック」でした。それまでに観た芝居の記憶はすべて消え失せ、初めての素晴らしい芝居として鮮明な記憶となりました。 華やかな「夕霧伊左衛門」 私は名古屋で生まれ、昭和二十年正月の空襲で焼け出さ

スキ
4
有料
150