マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#坂東玉三郎

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #21

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は、アナウンサーという経歴を持ち、2020年に解説者デビューを飾った鈴木桂一郎さんがご担当。歌舞伎役者の虜になったのは劇場ではなく書店だった…? 影響を受けたという父との思い出から、忘れられない公演のお話まで、どうぞお楽しみください。 *** 文:鈴木桂一郎 歌舞伎座に行った最初の思い出父と最初に歌舞伎座に行ったのは、幼稚園の頃だ。演目に記憶はない

スキ
4

【9月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『近江源氏先陣館』&『東海道四谷怪談』

※試聴版です。オリジナル版(30:42)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

忘れられないあの舞台!~小学生を一瞬で引きずり込んだ歌舞伎作品~

解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回のご担当は濱口久仁子さん。 以前 別の解説者も記事に書いていた”あの劇場”、そしてそこで観たとある作品が思い出の舞台だそうです。どうぞお楽しみください。 *** 文:濱口久仁子 歌舞伎ファンの皆さまなら、これだけは忘れられない、記憶と心に残る舞台がおありかと思います。そういう舞台との出会いは本当にめぐり逢いの奇跡、私もそんな奇跡を体験しました。 忘れられない東横劇場私が初めて歌舞伎を見たのは小学生の時、

スキ
2

【6月音声コンテンツ】解説者による“熱い”桜姫トーク!

※試聴版です。オリジナル版(31:21)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
8

忘れられない観劇体験!~音楽の都での歌舞伎観劇・後編~

本日の記事は、市井佳代子さんが音楽の都ウィーンでの思い出を語る「忘れられない観劇体験!」の後編です。 前編ではウィーン国立歌劇場のチケット購入やワンピース探しに奔走していた市井さんですが、後編ではいよいよお待ちかねの歌舞伎観劇について語っていただきます!どうぞお楽しみください。 ※前編の記事はこちら↓↓↓※ *** 文:市井佳代子 こんにちは。市井佳代子です。 今回は、ウィーン公演へ行った時の話の続きです。 今回はホテルのお引越しから1989年10月20日~25日

スキ
5
有料
150

忘れられないあの舞台!~1985年の桜姫東文章~

解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回のご担当は中川美奈子さん。 伝説の舞台とも評される昭和60年(1985年)3月歌舞伎座にて上演された、『桜姫東文章』について…どうぞお楽しみください。 *** 文:中川美奈子 先月末のこと、いつもお世話になっているnote担当の方から、テーマを二つ提示され、どちらかを書いてみませんか、とのお話がありました。一方については、あれやこれや頭に浮かんでは消えるのですが、もう一方は「忘れられない舞台」というテーマ

スキ
29
有料
150

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #10

解説者たちが歌舞伎の沼にハマった経緯と歌舞伎愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは。」 幼い頃は日本舞踊を習っていたという阿部さとみさん。 しかし歌舞伎沼への入り口は全く別のところからだったようで…? どうぞお楽しみください。 *** 文:阿部さとみ 歌舞伎沼近くに生まれ育ったが…。母が日本舞踊を教えていることから、幼い頃は日本舞踊を習っていた。歌舞伎も母に連れられてしばしば行き、嫌いではなかったけれど、ことさら興味を抱かず、思春期を迎える頃には日本舞踊のお稽古か

スキ
3
有料
100