イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #15
+7

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #15

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者のポール・グリフィスさんが初登場。ポールさんの浮世絵コレクションとともにお楽しみください。 *** 文:ポール・グリフィス 生きた日本文化に触れた幼少期私の経験上、歌舞伎を初めて観るのに最適なタイミングは、“若いうち”です。できるだけ若い時……幼少期ならなお良いと思います。子供の頃なら、大人たちが抱くような先入観なしに観ることが出来るか

スキ
2
歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #13

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #13

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者のマーク・大島さんが初登場。初めての歌舞伎観劇、日本での研究、解説デビューなど、様々な経験について語ってくださりました。どうぞお楽しみください。 *** 文:マーク・大島 マーク・大島です。1982年春から、英語版イヤホンガイド解説を担当しています。 私が歌舞伎を観始めたときの観劇体験について、ちょっとお話ししたいと思います。自分の中で

スキ
3
有料
100
《第五回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」~「蝶の道行」の元になった騒動は、あの芝居にもつながる?

《第五回》「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」~「蝶の道行」の元になった騒動は、あの芝居にもつながる?

「イヤホンガイド解説者のひろば」今回は鈴木多美さんがご担当。 これまでの解説経験で「何故?」と思った疑問を、多美さん目線で深掘りする不定期連載企画「勝手に深掘り!歌舞伎・文楽」の第五回をお届けします。 さて、今回取り上げるのは今月国立小劇場の文楽公演で上演予定の『契情倭荘子』「蝶の道行」。ある有名な騒動をテーマにさっそく深掘りしていきましょう。 *** 文:鈴木多美 文楽『契情倭荘子』とは 今月の文楽公演で久しぶりに『契情倭荘子』「蝶の道行」が上演されます。(※注:東

スキ
3
有料
150
《歌舞伎×○○》芸の世界が咲かせる花 ~能と歌舞伎、文化の原点に遡って~

《歌舞伎×○○》芸の世界が咲かせる花 ~能と歌舞伎、文化の原点に遡って~

本日は芝居好きの解説者たちに、様々なジャンルについて歌舞伎好きの視点から語ってもらおうという《歌舞伎×○○》企画をお届け! 今回のテーマは《歌舞伎×能》。「能」といえば、ただいま放送中の金曜ドラマ『俺の家の話』にも登場していて話題ですね。日本の伝統芸能を代表する「能」と「歌舞伎」について、イヤホンガイド解説者の中でも大ベテランの園田栄治さんが語ります。どうぞお楽しみください! *** 文:園田栄治 いざ、能の文化を感じる地へ佐渡島には現在でも演能が行われている能舞台が

スキ
6
有料
150