マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2022年1月の記事一覧

芝居にまつわる小噺をひとつ~「六段目」の"写実"と"型"~

学生時代にご自身で学生歌舞伎の舞台にも立っていたという園田栄治さんが、経験から語るちょっとした芝居噺。今回は、『仮名手本忠臣蔵』六段目の芝居について。どうぞお楽しみください。 *** 文:園田栄治 素人芝居の人気狂言『仮名手本忠臣蔵 六段目』・・・好き者が集まる素人芝居で、この「忠六」を出すことにしたら、「わたしは勘平」、「わたしも勘平」、「いやわたしが勘平」ということで、なんと「勘平式(※注)」をやることになってしまったと、いささか作り過ぎだが、なるほどという小噺があ

スキ
3

忘れられないあの舞台!~『夏祭浪花鑑』~

解説者が想い出の舞台について語る「忘れられないあの舞台!」。 今回のご担当は吉崎典子さん。 忘れられない舞台に、忘れられない演目あり。 吉崎さんの忘れられない演目は…? どうぞお楽しみください。 *** 文:吉崎典子 役者のお尻を見るのが好きだ。お尻には、その役者の人生模様が現れていると思う。鍛え抜かれていてプリっと上がった、形の良いお尻もあれば、生活感や哀感が漂うようなお尻にも心惹かれる。 十八代目中村勘三郎の団七九郎兵衛江戸時代の風俗が描かれることが多い歌舞伎の役

スキ
3

配信スケジュール変更のお知らせ

「イヤホンガイド解説者のひろば」公開記事につきまして、都合により、下記の通りにスケジュールを変更して配信させて頂きます。 (変更前) 1/21配信 「芝居にまつわる小噺をひとつ」(執筆者:園田栄治) 1/28配信 「忘れられないあの舞台」(執筆者:吉崎典子)   ⇓ (変更後) 1/21配信 「忘れられないあの舞台」(執筆者:吉崎典子) 1/28配信 「芝居にまつわる小噺をひとつ」(執筆者:園田栄治) どうぞよろしくお願いいたします。

【1月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『難有浅草開景清 岩戸の景清』&国立劇場『南総里見八犬伝 序幕』

※試聴版です。オリジナル版(18:23)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
2

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #20

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は英語解説者のバニー・ディクソンさんがご担当。実は歌舞伎を演じたご経験があるそうで……? どうぞお楽しみください! *** 文:バニー・ディクソン 日本文化との出会い私が初めて歌舞伎に出会ったのは1968年、13歳の頃でした。私の家族は、父が美浜原発の1号機、2号機の建設に携わっていたため、福井県敦賀市の近くに住んでいました。日本の言語も文化も何も

スキ
1

「高木秀樹だより」季節の挨拶から芝居噺まで(2022年1月7日号)~高木と行く 大阪文楽ツアー 第一章~

2022年の幕が開き、一週間がたちました。劇場はお正月らしく明るく華やかに、たくさんのお客様をお迎えしています。《イヤホンガイド解説者のひろば》も明るく楽しく!まいりましょう! さて、2022年第一弾は高木秀樹さんの「高木秀樹だより」。第6回はお待ちかね、文楽発祥の地・大阪に残る文楽ゆかりの地を巡る「大阪文楽ツアー」がいよいよ出発します! ※前回の記事はこちら↓↓↓※ *** 文:高木秀樹 皆様ご機嫌よろしうございます。年が改まりまして令和4年(2022)となりました

スキ
2