マガジンのカバー画像

イヤホンガイド解説者のひろば

歌舞伎・文楽のイヤホンガイド解説者が、古典芸能が好きな皆さんと共有したいことや芝居への愛を語ります。複数名の解説者が執筆を担当するので、色々な切り口の文章を読むことができます。
解説者のコンテンツはその他に… 歌舞伎座「見どころポイント」WEB講座を配信中! https://… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2021年12月の記事一覧

歌舞伎の沼からこんにちは。~私はこうして歌舞伎にハマった~ #19

イヤホンガイド解説者たちが、歌舞伎や文楽の魅力にハマった経緯や芝居への愛を語るシリーズ「歌舞伎の沼からこんにちは」。 今回は辻󠄀陽史さんがご担当。もとは○○の沼の住人だったようです。歌舞伎にハマったきっかけは何だったのでしょうか?!どうぞお楽しみください! *** 文:辻󠄀陽史 もとは演芸の沼の住人歌舞伎にのめり込む前は、落語好きであった。 「笑いの文化」がある大阪に住む私は、小学生の頃から、あちこちの落語会に通ったり、テレビで放送される落語番組を観たりと、落語漬けの

スキ
2

バーチャル芝居ゆかりの地めぐり ~ 『新版歌祭文』 野崎村 ~

イヤホンガイド解説者は、解説を担当する演目について様々なアプローチで取材をしています。ときには、その芝居ゆかりの土地を実際に訪ねることも。そんな芝居にまつわる旅のことをお話する「バーチャル芝居ゆかりの地めぐり」。 2021年12月の国立劇場で17日まで上演されている『新版歌祭文』ゆかりの地・野崎村。野崎村のとなり町で育ったという横阪有香さんに、野崎村の風景と思い出を語ってもらいました。 *** 文:横阪有香 油屋お染の一途な想い「野崎村」は、近松半二という浄瑠璃作者の

スキ
4

【12月音声コンテンツ】解説者が担当演目を振り返ってみました~歌舞伎座『新版 伊達の十役 間書東路不器用』&南座『蜘蛛絲梓弦』

※試聴版です。オリジナル版(25:08)はマガジン購入すると視聴できます。

スキ
3

イヤホンガイド解説者が選ぶ!「忠臣蔵キャラクター総選挙」

“12月”といって思い浮かべるものといえば、芝居好きな皆さんはクリスマスよりも前にきっと「忠臣蔵」が出てくるはず!? ・・・ということで、今回は、芝居好きのイヤホンガイド解説者たちに「忠臣蔵」に出てくる登場人物のなかから「推しキャラ」を選んでもらう特別企画をお送りします! (※ちなみに『仮名手本忠臣蔵』だけではなく、すべての「忠臣蔵もの」からキャラクターを選んでもらった結果、かなり票数が割れております) *** まず上位5位のキャラクターをランキング形式で発表! 投票

スキ
3

冬に観たい演目~つれづれなるままに…

季節に合わせた「観たい演目」を解説者に語ってもらうこのシリーズも春・夏・秋と続き、ついに冬がやってきました。 今回の執筆者は市井佳代子さん。ジャンルも幅広く様々な”冬にぴったり!”の演目をご紹介していただきました。 *** 文:市井佳代子 こんにちは。市井佳代子です。 今回は、冬に観たい演目は?と尋ねられたので、考えてみました。 恋する雪だるまの精冬というと、きれいな雪景色が見たくなります。雪にまつわる演目はたくさんありますが、私が冬になると観たくなるのは、雪だるまの

スキ
1